スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

sketch Ⅱ2011-05-24(Tue)

sketch Ⅱ

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:風景写真

Comments(15) | 風景

Comment

夕暮れの湖畔を散歩していたら、

微かに聞こえた水滴の音。♪。♪。。

そちらにそっと近づいてみたら

若草色のワンピースを着た女の子が

肩を震わせながらかがんでいた。。

水面ミナモに映った女の子の表情はとても悲しそう、、、

その大きな澄んだ瞳から、

ポロポロ。。ポロポロ。。

真珠球がこぼれていく。。。


思わず僕は湖に飛び込んで

湖底を這うように泳ぎ

真珠球を探した。。。。



2011-05-27 13:16 | URL | こゆり [ 編集]

こゆり 様


どれくらい時間がたったのだろう。

気がついたら僕は知らない部屋でベッドに寝かされていた。

起き上がろうとすると傍らにさっきの少女が座っているのが見えた。

何も言わないで座っている彼女の眼は、すこしだけ微笑んでいるように思えた。



よかった。



「間に合ったんだね」

そう言うと、彼女は小さくうなずいた。

2011-05-27 19:30 | URL | とめ蔵。 [ 編集]

とっても幻想的な作品ですね。
詩的なイマジネーションが駆り立てられるのも
頷けます。
コメント欄に綴られた物語、素敵です。

2011-05-27 21:10 | URL | May [ 編集]

May 様


Mayさんも物語の続き考えてみてね~。

2011-05-28 10:24 | URL | とめ蔵。 [ 編集]

むっ、むずかしい・・・
こゆりさんもとめ蔵。さんも、感受性豊か、
想像力豊か、ですねえ!
とめ蔵。さんの書かれた続きに、こゆりさんが
どんな続編を描かれるのかを拝見したい気持ちです。

2011-05-29 13:10 | URL | May [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011-05-30 09:38 | | [ 編集]

May 様


コメントいただけるだけでうれしいです。

いつもありがとうございます。

2011-06-05 23:03 | URL | とめ蔵。 [ 編集]

鍵コメ 様


あはは。

楽しんでいただけたら幸いです。

2011-06-05 23:05 | URL | とめ蔵。 [ 編集]

あ~どこ~だ


思わず僕は湖に飛び込んで

湖底を這うように泳ぎ

真珠球を探した。。。。


の、続きはありません。

これは物語ではありません。

教訓です。

人の悲しみ、辛さを知るのは、生半端なことではない!

ということ。

そのひとの苦しみを全身全霊で受け止める覚悟は

あるのか?という問いかけです。




2011-06-06 15:57 | URL | こゆり [ 編集]

横ですみません。
物語ではなく、教訓・・・。
唸ってしまいました。
>人の悲しみ、辛さを知るのは、生半端なことではない!
>ということ。
本当にそうですね。
覚悟・・・かなり限定的にしか持ち合わせていないかも。
何事に対しても、どっしり覚悟ができたら、
ある意味もっと自由に生きられそうな気はしますが、
不自由な生ぬるさをなかなか手放せません。
いろいろ苦労しながら、ちょっとずつ手放してる最中かも。
命には限りがあるのに、まあ~なんてのんびりしてる
ことかしら!(^^ゞ

2011-06-07 08:24 | URL | May [ 編集]

人の悲しみを全身全霊で受け止める覚悟なんてあるはずないじゃん。

そう思ってました。

でもあの時、あの娘の涙を見たとたんに体が勝手に反応して
気がついたら湖に飛び込んでいた。

湖底を必死に泳いで真珠玉をさがして
やっと一つだけ見つけて、無くさないよう口に含んだ瞬間
私は気を失ってしまった。




夜が明けたら湖にボートを浮かべて沖へ漕ぎだしてみようと思う。

もちろんあの娘といっしょに。

どんな未来が待っているとしても。

きっと、そうしなきゃいけないんだ。




夜が明けたら・・・。

2011-06-07 22:37 | URL | とめ蔵。 [ 編集]

にんまりんこ にゃんにゃんにゃん。。

とめ蔵さんは、ロマンチストで少年の純心さを

持ってられるのですね。


Mayさん、お初です、こんにちは^^


‘‘不自由な生ぬるさをなかなか手放せません’’

というMayさんの言葉をじっくり考えさせられました。

自分で投げかけておきながらなんですが、‘覚悟’なんて

時代錯誤かもです。

覚悟が必要なのはいざというときのために

淡々と過ぎていく日々の中で、見聞きし感じ考え

エネルギーを蓄えておくものかもです。

なのでMayさんのペースが程好いと思います。

わたしは自分に甘く人に厳しい、とんでもない人間なので

自分に対する戒めとしての教訓が必要なんです。


と、


とめ蔵さんのブログコメ欄を私物化してしまい

ごめんなさい。

とりあえず、2ヶ月で10キロ痩せる覚悟をして5日経った

のに、明日からにしようとズルズル実行出来ない

軟弱な精神のあたくしに喝を入れるような、

それか、見て痩せれるような発汗作用のあるお写真の

アップをとめ蔵さんに望む次第でありんす。

ぁぁ、、、だめなわたし、、、、。

2011-06-11 12:17 | URL | こゆり [ 編集]

こゆり 様


2ヶ月で10キロ痩せる・・・

よしなさい!

急激なダイエットは必ずリバウンドしますよ~。

それに痩せていることと女性の魅力とは何の関係もありません。

どうかお気を確かに。





思わず唐辛子の写真でもアップしようかと考えちゃいましたけど・・・。

2011-06-11 22:00 | URL | とめ蔵。 [ 編集]

またまた横ですみません・・・。

こゆり様。
ご丁寧に本当にありがとうございます。

>‘覚悟’なんて 時代錯誤かもです。

時代錯誤に見えてしまう世の中の雰囲気なのかも
しれないな、と思います。
日本人は、戦前~戦後、そして現代の間に、
ものすごく精神性が変遷したように思います。
私は現代特有の軟弱で迷いやすいタイプかなぁ?
野生の生存競争の中では真っ先に淘汰される
タイプだと自覚しています。
弱々しく迷いながら、それって苦しいけど、
もがきながら生きる、とにかく生きる、生き切る、
そんな感じです。
自分のことで精一杯で他人様に寄り添ったり
支えたりなんてまったくできないのですが、
だからといって捨て置くことも、確かにできない・・・。
まだ答えを見つけていません。
生きながら掴んでいくんだと思っています。

とめ蔵。さん、いろいろ書かせていただき、
すみませんでした。
場所をお借りしました。
すみません・・・そしてありがとうございました。
とめ蔵。さんの↑のコメント、素敵です。

2011-06-17 09:40 | URL | May [ 編集]

May 様


場所はいくらでもどうぞ。

気にしないで結構です。

むしろ思う存分書いていただいて本望です。

あっはっは。

いや~、しかしすごいブログになってきたな。

この後も続くのかしら?


2011-06-17 22:32 | URL | とめ蔵。 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

プロフィール

とめ蔵。

Author:とめ蔵。

最近のトラックバック

アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。